2006年06月30日

シングルマザー日記☆エアコンとゴキブリ

皆さんのお宅に

エアコン
  三菱電機マルチエアコンマルチ用室内機壁掛け形MSZ-22SXAS-IN(W/T)(おもに6畳用)【保証あり・...

ってありますか?



いまどき普通はついているのでしょうが
私の家にはエアコンありません。
まぁ海の近くだからそれほど暑くないと言うのが
理由なんですけど、
それでもいただいたエアコンがあるので
今年はつけようか?なんていう話があります。


私 『物置にもらったエアコンあるから今年はつけよう』
娘達『・・・・・』
私 『どうしたの?涼しい方がいいでしょ?』
娘達『う・うん。。。。でも、やっぱりいい』


どうやら何か意味ありげ


理由はこんなことでした↓。



実は随分前ですが子供達と出かけた時のこと。
(場所はちょっと伏せておきますね)
私は仕事で別な部屋にいたので分からなかったのですが
エアコンから虫が出てきて
最後には・・・・・


 
ゴキブリ



なんと ゴキブリ が・・・・・


『ぎゃーーーーーぁ』



そのときの印象が強すぎてエアコンが
嫌になってしまったみたいです。

そういえばそういうことあったなぁ。

子供達いわく
『虫やゴキブリが出るくらいなら暑い方がいい』
と言うことです。

必ず出るわけでもないのに。。。。
でもちょっと可愛い理由(笑)

まぁ、つけなくても過ごそうと思えば過ごせるし
取り付け費用も電気代もばかにならないから
つけなくていいって言うなら
つけなくてもいいんですけどね。

私が子供の頃もエアコンなんてなかったし
ある程度暑さや不便さを我慢する体験も
いいかもしれないなんてよい方向に考えている
能天気な母でありました。

posted by pietoro at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シングルマザー日記☆共通の趣味【映画編】

子供達との共通の趣味に映画があります。

以前は『ドラえもん』『ポケットモンスター』
ドラミちゃん ミニドラSOS!!!/帰ってきたドラえもん/ザ・ドラえもんズ ◆20%OFF! 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ劇場版ポケ...
お子様映画をよく見に行っていました。
(試写会など映画の券をゲットして!!)


でも、子供達が大きくなると
時間もなかなか合わず行くことが
出来なくなったりして、今はもっぱら
TVのロードショーやレンタル派になりました。


近頃特に子供達はテレビの洋画に夢中です。
二人のお気に入りの映画を聞くと



二人とも声をそろえて

『アナコンダ』
アナコンダ Hi−Bit Edition

と言います(^^ゞ



なんで????? と私はいつも思います。

子供達はパニック映画が好きなようです。
ジョーズとか自然の驚異・動物の脅威?
こんなのが好きみたいです。

普通あの位の年齢だと
『タイタニック』とかそういうのがすきかなぁ
タイタニック/ザ・ビーチ<特別編>
と思っていたのですが意外ですよね。


でも、今見たい映画がいっぱいあって
実はとっても困っている二人。
特に下の映画は迷っている様子

『DEATH NOTE』
(マンガ持ってるけど見たいらしい。。。)
藤原竜也主演で映画化!!「DEATH NOTE(1)〜(11)巻セット」「デスノート」の教科書


『ブレイブストーリー』
(親子共々原作者のファンなんです)
7/8映画公開!!(文庫版)「ブレイブ・ストーリー上・中・下巻セット」


『ポセイドン』(やっぱりパニック?)
ポセイドン・アドベンチャー コレクターズ・エディション


『TRICK2』(かなり期待してるみたい)
トリック−劇場版2−ナビゲートDVD 
TRICK トリック 劇場版


『カーズ』(ディズニーだしね)
カーズ キャラクターカー ライトニング・マックィーンカーズ キャラクターカー メーター


『ゲド戦記』(ジブリもいいよね)
 寺嶋民哉/ゲド戦記 オリジナルサウンドトラック【初回封入特典:オリジナルパスケース】
ゲド戦記(全6冊)


『着信あり ファイナル』(怖いのもいいじゃん)



『M:i:3』(1.2見たので見たいそうです)
〔送料無料キャンペーン中〕オリジナル・サウンドトラック『M:i:3(ミッションインポッシブル 3)...



『ダ・ヴィンチ・コード』(ミステリーも好き)
(文庫版)「ダ・ヴィンチ・コード上・中・下巻セット 」映画ダ・ヴィンチ・コードオフィシャル・ムービー・ブック
てな感じの話をしてます。



でも・・・・
こんな話をしたって私達の住んでいるところは田舎。
だから上映しない映画もあるんです。
残念。。。。

だけど子供達が大きくなると
いろんな話が出来て面白くていいです。
しかも趣味が近いとかなり盛り上がります。

ただ『アナコンダ』はちょっと苦手な母でありました。
posted by pietoro at 14:25| Comment(0) | TrackBack(3) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

シングルマザー日記☆親切の体験

子供達と母と温泉に行きました。

温泉のロッカーで私達が帰ろうとすると
杖をついたおばあさんがやってきました。
とてもお年を召していたようで両手に杖を持っている
状態でした。とてもゆっくり歩いてきたのですが
両手がふさがっていて
少し無理な体勢でロッカーを開けようとしていました。

私と子供達だけだったら
なかなか声をかけることも出来ず
手伝ってあげたいけど迷惑がられちゃったら
どうしようなんて余計なこと考えてしまいますが
母はやっぱり年の功?ちょっと違いました。

おばあさんにも
『大丈夫ですか?』とそれとなく言って
おばあさんの隣のロッカーだった下の娘に
『ほら、開けてあげて。』
と何度も言いました。
下の娘もそう言われおばあさんに
『開けますね。』と言って開けてあげました。
おばあさんはとても喜んで
『おねえちゃん。どうも、ありがとうね』
と何度もお礼を言っていました。
それに対して下の娘はとても喜んでいました。

正直、私達だけだったら
出来なかったなぁと思いました。
声すらどうかけていいのか分かりませんでした。

もちろんそんな状態ですから
娘にもおばあさんにも的確な
良い言葉をかけてあげることは出来ませんでした。

親切って口で言うのは簡単ですが
実際なかなか上手く体験させてあげることは
出来ないものです。
だけど、それをすんなりやって見せてくれた母を
子供達はきっと尊敬していることでしょう。
世話好きといえばそうかもしれませんが
さすが母だなと思いました。

私もそんな親にならなくちゃなぁ。

ぴよちゃんのありがとう親切・感謝 楽しく育てれば賢い子が育つ
posted by pietoro at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

シングルマザー日記☆お姉ちゃんは辛い!!

時々思います。


お姉ちゃんは辛いんです。



例えば 昨日こんなことがありました。

塾で学年関係なしに漢字の豆テストを塾長先生が
週1回やってくださるんですが、
その結果が昨日返って来ました。
下の娘の方が上の娘より点数が良かったんです。

下の娘は大喜び。
お姉ちゃんを目標に
良くなりたいと確かに努力していたんです。
いっぱい練習してましたしね。

しかし、上の娘は
マイペースな子なので人と争ったりするのは
嫌いなんです。しかも部活が忙しくて練習して
いなかったんです。

私自身はそういうものを見ていてよく分かっていたので
上の娘が点数取れないからだめ!!とは
思いませんでしたが、
上の娘のちょっとがっかりしていた
その姿を見たらなんとなく
お姉ちゃんは辛いなぁと思いました。

努力した下の娘には悪いけれど、

もし上の娘が点数が良かったら
『お姉ちゃんだから当たり前』と回りに思われますが
逆であった場合
下の娘が努力したと言うよりも
『お姉ちゃんなのにだめだね』と周りに思われてしまう。
きっとお姉ちゃんは辛いんだろうなぁ。

『どうせ、私はだめだし・・・・』
ぽつんとそんなこといった上の娘。

『忙しかったから仕方ないよ。漢字だし練習すれば出来るんだからね。』
と下の娘に聞こえないようにこっそり言った私。
もっと気の聞いたことを言ってあげればよかったのに、
そんなことしかいえなかったことに少し反省しました。

下の娘をしっかり褒めたのに・・・・。

下の娘は生まれたときから身近に『目標』がいるわけで
逆に上の娘はそうじゃない。
親の私自身も
上の娘のときは手探りで育てているけれど
下の娘のときは上の娘のおかげで
かなり慣れているわけですから
同じ親で同じ環境で育てているつもりでも、
実際かなり違うんですよね。

だから、もっと娘達それぞれにあった育て方・褒め方
アドバイスが出来るようにしなくちゃと 改めて思いました。


子どもに「本当の自信」をつける親のひと言
子どもが一週間で変わる親の「この一言」
生きていくのに大切な言葉
posted by pietoro at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

シングルマザー日記☆共通の趣味【マンガ編】

子供達が小さいころは小さい頃なりに子供達が主導の
遊びが多かったのですが、
最近はやっぱり本当の意味での共通の趣味と言う感じのもの
がいくつかあります。

色々ありますがとりあえず
今日お話しするのは
『マンガ』です。
ちょっとオタクチックではありますが。。。。


マンガなんていうと普通のお家では
親はあまり読まない とか
そんなの読む時間あるなら勉強しろとか いわれるらしいです(生徒の証言ですが)

確かに私の親は読みませんでしたね(^^ゞ

でも大人だって意外とハマります。
逆に日本は世界でもトップクラスのマンガ大国なのですから
ある意味仕方がないといえば仕方がないですよね。

私達が読んでいるのは『歴史・文学物』
と言われるマンガが多いです。
普通に本を読むより面白いということで
子供達が気に入って読んでいます。

まぁ活字の難しいものから入るよりは だいぶいいです。
私も読んでいて意外と面白いと思いました。
その後実際小説を読んでみるなんていうこともあって
興味を持たせるためにはお勧めかもしれませんね。

最近は私の知っている歴史・文学系のマンガも
もう読みつくしてしまって

子供達に『他にもなにかない?』といわれますが
ちょっと思い当たりません。
娘は二人ともマンガを読んで

大の
『新撰組』ファン


になってしまいました(^^ゞ


実はこの日記を書いたのは他でもない
どなたか
お勧めのマンガご存知じゃないかなと思ったからなんです。

今まで読んだ 歴史・文学系漫画は↓ (おすすめです!!)
封神演義(ほうしんえんぎ) 全23巻 藤崎竜/作 ベルサイユのばら(第2巻)完全版 風光る(16) 新撰組異聞ピースメーカー(1) 三国志 〔文庫版〕全30巻 横山光輝/作 あさきゆめみし(全7巻セット) 八犬伝(1) 【古本】SAMURAI DEEPER KYO 1〜35巻セット

など など

他におすすめありましたら教えて欲しいです。

でも・・・
このまま漫画が増えたら漫画喫茶になっちゃうかも。んー恐ろしい。

ちなみに上の娘は競馬系のマンガも大好きです

『みどりのマキバオー』
みどりのマキバオー(1)

が可愛くて大好きらしいです。おかげで競馬に興味津々。
もし他にも面白い競馬系のマンガがあったら教えてください!!!

今日は少し変な日記になっちゃったけど まぁいっか。
今後もこんなお願い日記書いちゃうかもしれないです。
そのときはよろしく・・・・次回時期未定ですが
【映画編】に続く!!

posted by pietoro at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

シングルマザー日記☆保育園生活の充実?

小学生の下の娘が 面白い話をしていました。

今日は陸上大会のリハーサルで競技場に行ったのですが、
そのとき、保育園の頃のお友達を何人も見かけて
皆で色々話す機会があったそうです。

まぁ6年ぶりですが
保育園にも6年通ったので
何の違和感もなく色々話せて良かったそうです。

娘『いやー、懐かしかったよ』
私『みんな大きくなったでしょ?』
娘『○○ちゃんは、ぷくぷくしてたけどなんか大人っぽかったよ。』
私『じゃ気がつかない人もいたんじゃないの』
娘『そうだね。○○君は髪型変わったねって言われてたよ』
私『へぇ〜。』
娘『でもホント色々子供の頃の思い出話せて懐かしくてよかったぁ。』
私『それはホントに良かったね(笑)』

(今も子供じゃん・・・・)と
心の中で私はくすっと笑ってしまいました。
子供にとっても子供の頃の思い出話に
花を咲かせられるなんて ある意味幸せかも。。。
なんて前向きに思ってしまった私。


保育園の頃は私自身も
いつも体当たりで、生活するのに必死だった
と言うこともあり保育園生活を
0歳から6年もさせてしまった
ことに少し後ろめたさなども感じたものでした。

しかし、今思えば
こんな風に違う小学校へ行って その後全く交流がなくなって
しかも6年も経っても
昨日のことのようにお互い仲良くお話したり
懐かしがったり出来るのは
あの頃みんな兄弟みたいに一緒に過ごしてきた時間
が充実していたものだからなんだろうなぁ
と、思いました。

そんな友達や周りの方々に恵まれた娘。

シングルになって大変だったこともたくさんあったけれど、
大変だ、子供達が可哀そうだと
思っていたのは実は私だけの思い上がりで
娘はとても 保育園生活を楽しんでいたのかもしれないと
改めて感じました。(自分の都合のいいように解釈しすぎかな?)

そういう 友達や人との素敵な出会いは
私一人では
決して経験させてあげられなかったと思います。

娘の成長を支えてくださった皆さんのおかげだと
改めて感謝した出来事でした。

この子はこの子でいいんだ。私は私でいいんだ
子どもを育てるとっておきのメッセージ
posted by pietoro at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

シングルマザー日記☆格闘技好き空手娘。

下の娘は空手を習っています。
一般普及向け。九櫻(くさくら)R2晒11号一般普及向(上下セット)6号 R26【空手着】
週3回練習あります。でも楽しそうに行ってます。
月謝安いんです(月2500円也。親としては大助かり)



かれこれはじめて3年位になります。




始めたきっかけと言うのが
またすごい話ですが、
『力が有り余っていたから』というもの。

始める前の当時の娘は、
とにかく力の加減が分からない子供でした。
本人はちょっと触ったつもりだったにもかかわらず
相手によってはすごく痛がったり、
泣かれてしまったりして。。。。。
親御さんによっては怒鳴り込んでくるなんてことも(^^ゞ

そんなこんなで、私も周りも本人に注意するように
話したら、娘は娘なりに
気を使って学校生活送っているうちに
やっぱり子供であってもストレスがたまっていったようで、

『何かストレスが発散できるようなスポーツでも
 させてみたほうがいいかな?』



と言うことで、娘と話したら


『柔道したい』と言うことだったのですが
近くに道場がなく、しかも月謝が高いので結局空手にした
と言うまぁ微妙なきっかけだったんです。



でも何とか、辞めずに続けてきました。
始めの頃は試合を何度か見に行っていたのですが、
どうも私が見に行くと『負けてしまう』という
とんでもないジンクスが出来てしまい
それ以来、出来るだけ見ないようにしてきました。

ところが・・・・そろそろ帯も茶色になったし
ここのところは試合での調子もいいらしいし
と思い、見に行って見ました。

そしたら・・・・・・
意外と強い。というか強い。
自分の娘じゃないみたい!!!!
びっくりしました。
ストレートで勝つ娘を見て、ちょっと驚きました。
『相手が泣いてる・・・・』
始めたいきさつを思い出したら
少し納得もしましたが
でもスポーツだからこれはいいかと
ちょっと開き直って応援しました。

最終的に準決勝で寸止めせずに力入れて突いたと
いうことで警告をとられてしまって
(加減が分からない娘らしいですが・・・・)
負けてしまいました。
でも3位でメダル
直径63mm銅メダル鳳凰
をもらって本人は大満足。

『どう?すごいでしょ。ママが見てたってもう勝てるんだからね。』
と とても得意げでした。

『そうだね。今度からは頻繁に応援に行くね』
と私が言うと、娘はとても嬉しそうでした。

だから、今日は『長年のジンクスが消えた』
ご褒美に大好物の手巻き寿司にしてあげました。
まぐろ屋さんの手巻き寿司セットお取り寄せマップ 東京0325アップ祭2 0330アップ祭2

今度からは胸を張って応援にいけそうです(笑)
posted by pietoro at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

新しい商材を作ろう☆りんご酢ダイエット

昨日の日記の続きです。

子供達はかなり意欲的に取り組んじゃってます(^^ゞ
当の本人の私は自分にめちゃくちゃ甘いし
この体型も自然体で嫌いじゃないので
ちょっと二の足を踏んでいる状態。

しかし、さすが我が子達。
そんな私の態度もお見通しです。
私の性格もよく理解しているためか
自分達が頑張れば私がやらざるを得ないと思わせる作戦です。
確かにそうですよね。。。
色々考えてくれるならやらざるを得ない。。

まぁ商材がどうのというより
とりあえず健康のためにも少し痩せよっか
という程度で取り組むことにしよっかなと思っています。


そしたら子供達
『りんご酢』を買ってくれました。
りんご酢

どうしてそこに至ったのかと言えば
とりあえず健康にならないと今のままでは
ちょっとの運動も心臓に負担がくるのでは
と考えたらしいです。
自分達のお小遣いで半分ずつして買ってくれたんです。
それなら飲まざるを得ませんよね。

『まず、これ飲んでね』

でも、お酢は大好きだからあまり苦になりません。
ある意味嬉しいくらいです。
毎日少しずつ飲むようにと言われました。
なんだかよく分からないけれど
体にはいいらしいです。
今日のところはこんな変化だけですが
徐々に色々させられるんだろうなぁ。。。。


最近学校の理科で人体を色々習っている

上の娘は

『でんぷんは体の中でブドウ糖になるから
 甘いものもだめだけど炭水化物はだめ!!
 あれって砂糖食べてるのと同じだよ。』

なんていう極論を述べています。

(*娘よ、私は理科も教えているので、
 すでに知ってるんだよ。と心の中でそっと呟く私)


最近学校で習ったばかりの知恵を
惜しげもなく使う上の娘。
将来の夢は子供の頃からずっと看護士だったから
余計にそういうのに興味あったのかもしれないですね。

『しかも栄養ってね、肝臓にたまるんだよ。
 ママは栄養取りすぎなんじゃないの?
 だから脂肪肝だって言われるんだよ!!』

意外と習ったことしっかり覚えてるのね。
そっちに感心している私。少し嬉しかったりしてると

『ちょっと、聞いてるの!!!!!!』
『あ、はい・・・・・(苦笑)』 

いつもとはちょっと逆の関係になったりして。

上の娘よ。
あなたはきっと良い看護士になりますよ。

2006年06月16日

新しい商材を作ろう☆ダイエットで私を商材に?

最近、また新しい商材を作って
みようかななんて思っています。


それで、私の最も身近にいる厳しくも頼りになる
ビジネスパートナー達(娘達です)にちょっと相談してみました。


私   『ねぇ。なんか商材作ろうと思うんだけどなんかアイディアない?』
上の娘 『んー。色々あるんじゃないの?』
下の娘 『だよね。勉強系の裏技いっぱい知ってんじゃん』
私   『それは仕事じゃん。それに前の商材みたいに長い目で見れば売れそうだけど即売はないんじゃないかな。』
上の娘 『売れなきゃ儲かんないじゃん』
下の娘 『確かに・・・・(苦笑)』

     一同  苦笑

下の娘 『私が公募そろそろ出すからとりあえず賞金稼ぐ!!』
上の娘 『それはあんたの問題じゃん』
私   『公募系でも作ろうか?それとも懸賞系?』
下の娘 『だめ!! そんなことしたらライバル増えちゃうよ』
上の娘 『確かに・・・・』
私   『・・・・・・・』

すると下の娘、何を思ったのか、いきなり大声で
下の娘 『分かった!!!!』
私   『?』
上の娘 『??』
下の娘 『せっかくだからママを商材にすればいいじゃん。そうだよ、そうだよ。』

なんだかとっても嬉しそうにしていました。

上の娘 『それってどういうこと?』
下の娘 『ママに痩せてもらえばいいじゃん。毎日写真とってメニュー決めて、グラフ作って、それを商材にすればいんだよ。ダイエットは売れるでしょ?』
上の娘 『確かに・・・・(含み笑い)』

私   『・・・・・・・』


確かに、我が娘達 良い所ついている。。。。

出産前の体重より30kg以上太ってしまったので
学生時代の知り合いは私に逢っても気づかない始末。
しかも医者からもやせるように言われているので
一石二鳥かも。
でも逆に高血糖だから痩せにくいとも言われているんだよね(^^ゞ
やるのはいいけど、リバウンドが。。。。。二度と太らない
なんていうダイエットしなくちゃなぁ。。。。

なんだかんだいいながら自分に甘い私。
良い商材ではあるんですけどね。
ちょっと自信ないなぁ。

子供達はやる気満々で色々調べてます。ダイエットのこと(笑)

☆とにかく健康に痩せたいなぁ☆
バレエ・ストレッチ=ダイエット
毒だし発汗ダイエット
骨盤たたきダイエット
キックボクシングフィットネスで負けないカラダになる

2006年06月14日

シングルマザー日記☆離婚のトラウマ

離婚して10年になります。
いまさら思い出すことでもないのに
なんだか最近あの時の暮らしのことが
思い出されるということがあります。





『あの時のって?』




というのは、結婚していた頃のことです。
離婚目前の辛いときのことです。

旦那は働かず遊んでばかりいてひどい出費と借金、
私は子供たちがまだ小さくてお金もないから
預けることも出来ず、働きたくても働けず
2日に1度とにかくおなかを満たすため
スイートコーンの缶を開けて少しずつ食べたり
水を飲んだりして食事を我慢して
なんとか子供たちにミルクや食べ物を与えていました。

だけど、それがだんだん出来なくなって
自分の食べ物もとうとうなくなって、子供たちの
ミルクを薄めて飲ませるしかなかった頃のことが
頭をよぎります。オムツも買えなくなってかぶれるのが
分かっていても何とか持たせるため取り替えてあげられない
なんていうどん底生活。

食べ物がない、お金のない生活が
どんなに辛いものかということを 心底感じました。
だからもうそんな生活したくないと思って
今まで頑張ってきたつもりです。

でも、近所のネグレストを見ているとなんだか
頭が痛くなって、動悸がして、気分が悪くなってきます。
思い出したくない過去がよみがえってくる感じです。
子供たちはその頃のこと全く分からないから
全く平気ですが、私にとってはすごく辛かったこと なんです。

これってトラウマなんでしょうか?
今まで10年そんなことなかったんだけど
やたらと先々が不安になって、またあんなふうに
なるんじゃないかなんて思ってしまうんです。
先々あんなに辛い思いをしてしまうなら・・・・
もう生きるのも辛いなんて思ってしまったりして。
TVをみれば『老後のシングルマザーの悲哀』の話してるし
余計に辛くてどうしたらいいのか分からなくなります。

一生懸命やっているつもりでも、
いつかあーなってしまうのではないかと思ってしまう。
今までは、そうならないようにしようと思っていたものが
近所でしかもシングルマザーで
そういう生活をしている人を間近で見てしまっているので
余計怖くなります。
自分はそうじゃない。子供たちをしっかり育てている。
そう思っているつもりでも、
昔みたいに私はまた子供たちを危険にさらしているのでは
ないかなんて思ってしまうことがあります。

先のことなんて誰にも分からないのに
少し考えすぎなのかもしれないんですけどね。
こういうのがトラウマって言うんでしょうかね。
何でいまさら10年も前の事 思い出しているんだろう。
そんな自分が嫌になります。

時々コーンの缶詰や粉ミルク
スイートコーン缶粒状 ばつぐんの溶け!森永フォローアップミルクチルミル 950g「即納可能!」

が怖かったりしてね。
安くてお得な節約料理を作るのがすきなんだけど
それを作っていると怖くなったりしてね。
やっぱりトラウマなのかな。
posted by pietoro at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シングルマザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。