2006年10月20日

17才の母から見た『14才の母』 

『14才の母〜愛するために生まれてきた〜』

実は私 色々考えてしまって初回は見なかったんです。
でもやっぱり気になる・・・・あせあせ(飛び散る汗)
第2回の放送はビデオにとってこっそり見て見ました。

"14才の母"これだけでも、現在設定と同じ中学2年生
もうすぐ14才の子供を持つ私はかなり衝撃的ですどんっ(衝撃)

だけど、なんとなく自分とだぶる 私自身が17歳の母で、
親はあんなもんでは済まなかったなぁ。
彼とは、私の場合は同級生だったから彼が18になるのを待って結婚。
だけど結局離婚しちゃったからなぁ・・・・

17歳であってもかなり色々あって17歳の出産だって大変だったんですたらーっ(汗)
私の場合彼は私の妊娠が分かった時点で
結婚するつもりで色々理由をつけて高校辞めて
バイトしてお金有料貯めてたんですが・・・
それだって大変で
うちの場合は、まぁある意味 修羅場?化しちゃいましたね
実際はすごいですからね。
父と彼も大変だったし双方の親同士も考えられない状態。
比較的冷静だったのは本人達だけ。
『産んで育てる』それだけは一致していて・・・。

親が冷静じゃないのは私自身が親になってみてよく分かる。
今思えば親が冷静じゃないのも当然な話なのですが・・・・。

それが、ドラマは14才の母だからね・・・・
17才でもあーなんだから・・・・
14才ならなおさらすごいだろうなぁと思って・・・・。
我が家の娘は
『友達も見てるから14才の母 見たい!!』というのですが
なんとなく自分を見ているようで
私自身が気持ち的に揺れる感じで、
だから初回は見なかったんだけど、2回目をこっそり見たら
これはこれでこの子達に見せてもいいかな
なんて思ったりしました。

自分のことを棚にあげて・・・と言われたら
それまでなんですが、やっぱり気になっちゃったんだよなぁ

まぁ、どっちにしてもその放送時間は塾に行って
帰ってくる途中だから結局のところ見れないんですけどね
ビデオとってでも見たい!!と言う娘。
私、色々な事情を包み隠さず話してしまう性格だから
娘自身は自分がどう産まれてきたのかという意味でも見たいのか
私の人生を見ているように感じているのか
単なる友達との話が合わないからなのか
やたら、粘っていますね・・・『14才の母みたい!!!』だって

んー難しいところだなぁ

でも私自身、色々あったけれど
当時は彼とともに頑張って学校を辞めて
子供を産み育てたことは
間違ってなかったと私は思っています。
私なりに懸命に育ててきたと思っていますしね。
確かに彼は最初は良かったけど・・・・
まぁそれはまた別の話か。

出演者 志田未来 田中美佐子 生瀬勝久 
もみんな好きな役者さんだし、続けてみようかな
と思っています。
とりあえず、
第1話は色々考えていて子供達には見せてないんだけど
やっぱり第2話は気になったのでビデオとって見ました
とりあえず見せてみようかな・・・・
なんかリアルな気がするけど・・・・


CD主題歌はMr.Children / しるし
Mr.Children も私にとっては出産当時の思い出の曲るんるん
を歌っていたグループ
今回の主題歌も11月に発売されるみたいで、娘達は買いたい!!
らしいです。

TVサントラ/日本テレビ系「14才の母」o.s.t
も出ているようですね。
こっちにもかなり興味有です。


公式ホームページはこちら↓
『14才の母〜愛するために生まれてきた〜』



位置情報ランキングに参加しています位置情報

ポチッとお願いします!!

banner_02.gif  人気ブログランキング【ブログの殿堂】



娘達の映画ブログはこちらから
子供のツタヤレンタル映画DVD鑑賞
posted by pietoro at 10:42| Comment(1) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。