2006年08月31日

シングルマザーの結婚と現実

娘の友達にやっぱり
シングルマザーのお子さんがいます。

どうやら、お母様が再婚するらしいです。
中学生になれば色々あるんだろうけど
お子さんの方は意外とその状況をとても楽しんでいるみたい。

『今日、新しいお父さんとみんなで食事に行くので
 部活休みまするんるん

見たいな感じらしいです。

そのお友達は、新しいお父さんを
特になんとも思っていないらしいけれど
食事会は楽しみみたい。

うちの娘いわく
『結構、イケメンだよ。いいなぁ食事会』
だって。。。


私はもう恋愛とか結婚とかこりごりって感じなので
当分子供達との生活で満足だけど、
子供達は新しいお父さんって欲しいものなんだろうか???

そう思った私は
『ママも再婚して欲しい?』
と、ぶっちゃけ聞いてみました。


下の娘は
『今の暮らしがすごい楽しい。だから、他人は入ってこない方がいいちっ(怒った顔)
だって。
上の娘は
『あたしもそうだなぁ。色々めんどくさい。
 他人が入ると楽な格好でうちにいられないし、ふざけられない』
だって。

当然私の場合は相手なんていないけれど
私を含めて

新しいお父さん=他人

という感覚を持っているうちは
やっぱり再婚とかは無理なのかもしれないなぁ。

子供達が大きくなって自立したら考えても良いかなぁ

でもその前に痩せてきれいにならないと無理ですねもうやだ〜(悲しい顔)




ぴかぴか(新しい)良かったらポチッと押してくださいね
ぴかぴか(新しい)とっても励みになります。実は娘達のブログと競争してたりしますあせあせ(飛び散る汗)
よろしくお願いしますexclamation×2
banner_03.gif







再婚の達人

離婚した勇気、再婚する情熱

離婚して幸せになる人不幸になる人

posted by pietoro at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シングルマザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

シングルマザー日記☆離婚のトラウマ

離婚して10年になります。
いまさら思い出すことでもないのに
なんだか最近あの時の暮らしのことが
思い出されるということがあります。





『あの時のって?』




というのは、結婚していた頃のことです。
離婚目前の辛いときのことです。

旦那は働かず遊んでばかりいてひどい出費と借金、
私は子供たちがまだ小さくてお金もないから
預けることも出来ず、働きたくても働けず
2日に1度とにかくおなかを満たすため
スイートコーンの缶を開けて少しずつ食べたり
水を飲んだりして食事を我慢して
なんとか子供たちにミルクや食べ物を与えていました。

だけど、それがだんだん出来なくなって
自分の食べ物もとうとうなくなって、子供たちの
ミルクを薄めて飲ませるしかなかった頃のことが
頭をよぎります。オムツも買えなくなってかぶれるのが
分かっていても何とか持たせるため取り替えてあげられない
なんていうどん底生活。

食べ物がない、お金のない生活が
どんなに辛いものかということを 心底感じました。
だからもうそんな生活したくないと思って
今まで頑張ってきたつもりです。

でも、近所のネグレストを見ているとなんだか
頭が痛くなって、動悸がして、気分が悪くなってきます。
思い出したくない過去がよみがえってくる感じです。
子供たちはその頃のこと全く分からないから
全く平気ですが、私にとってはすごく辛かったこと なんです。

これってトラウマなんでしょうか?
今まで10年そんなことなかったんだけど
やたらと先々が不安になって、またあんなふうに
なるんじゃないかなんて思ってしまうんです。
先々あんなに辛い思いをしてしまうなら・・・・
もう生きるのも辛いなんて思ってしまったりして。
TVをみれば『老後のシングルマザーの悲哀』の話してるし
余計に辛くてどうしたらいいのか分からなくなります。

一生懸命やっているつもりでも、
いつかあーなってしまうのではないかと思ってしまう。
今までは、そうならないようにしようと思っていたものが
近所でしかもシングルマザーで
そういう生活をしている人を間近で見てしまっているので
余計怖くなります。
自分はそうじゃない。子供たちをしっかり育てている。
そう思っているつもりでも、
昔みたいに私はまた子供たちを危険にさらしているのでは
ないかなんて思ってしまうことがあります。

先のことなんて誰にも分からないのに
少し考えすぎなのかもしれないんですけどね。
こういうのがトラウマって言うんでしょうかね。
何でいまさら10年も前の事 思い出しているんだろう。
そんな自分が嫌になります。

時々コーンの缶詰や粉ミルク
スイートコーン缶粒状 ばつぐんの溶け!森永フォローアップミルクチルミル 950g「即納可能!」

が怖かったりしてね。
安くてお得な節約料理を作るのがすきなんだけど
それを作っていると怖くなったりしてね。
やっぱりトラウマなのかな。
posted by pietoro at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シングルマザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

シングルマザーと子供達の結婚観

子供達と結婚について話してみました。。。
(そんな話をする親子って変かも(^ ^ ;))

上の娘『○○君のお母さんってすごく厳しいんだって』
私  『へぇー』
上の娘『あんなお母さんのいる人と結婚したら大変だよね』
下の娘『確かに。。。』

私  『やっぱり優しい人が良いよね。ママ(私)のこと
    も大切にしてくれる人が良いよ(笑)』
娘二人『うんうん、そうだよね』

私はちょっと意地悪してみたくなりました。

私  『もしもさ、すごく好きな人と結婚できるとして、
    その人がママ(私)のことすごく嫌だって言ったら
    どうする?』

面白い答えが返ってきました。

上の娘『その人と別居する。そして私はママと暮らす』
下の娘『そんな人、こっちからお断り』

だって・・・泣かせるなぁ。。。。

でも、それはまだ本当に恋していないからなんだろうなぁ
と思いました。
きっと本当に恋をすればきっと変わりますよね。
さびしくもあるけれど、それが成長ってものですもんね。

今だけでも、そういってくれる親孝行な娘達で
私はとっても幸せです。

私自身も、子供達が巣立っていくとき
きちんと子離れが出来る親にならなくてはいけないなあ
と思っています。

あと14.5年たったら現実味も帯びてくるんだろうなぁ。
posted by pietoro at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シングルマザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。